物流博物館

本日開館 本日閉館

10:00~17:00(入館は16:30まで)

またのご来館をお待ちしています

〒108-0074 東京都港区高輪4-7-15

03-3280-1616

マンスリー上映会

本イベントは終了いたしました。

  • 一般
マンスリー上映会
開催日
2021年7月25日(日)
時間
①10:30~11:50 / ②14:00~15:20

内容

新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、従来より定員を減らし、事前予約制で開催致します。

状況に応じ変更・中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

当館では、昭和20年代~50年代の物流に関する映画フィルムを収蔵しており、ほとんどの作品がデジタル化されています。

これらの中から、映像作品を近似のテーマごとに年代別にピックアップし、毎月上映会を開催しています。


第4回 7月25日(日)予約受付終了

上映作品 

すべてデジタルリマスター版による上映です。

下記作品を1日2回上映いたします。

① 「新しい包装」

1964年/19分/カラー/製作:岩波映画製作所/企画:日本通運㈱

昭和30年代半ば頃から進展した新しい包装のあり方について紹介した作品。包装の近代化や標準化により、包装費や運送費が節減できることを強調。さまざまな実例を挙げながら、当時進行しつつあった包装革命の実際の様子を丁寧に描いている。

「アフリカ10,000キロ」

1966年/29分/カラー/製作:JETRO撮影班/企画:日本通運㈱

日本貿易振興会(ジェトロ)が主催する東アフリカ巡回展示広報事業の記録。24台の車両での3か月半に及ぶ、新興アフリカ諸国への日本商品紹介のキャラバンの様子を描く。

③「日通伊豆富士見ランド」

1966年/14分/カラー/製作:日東エージェント㈱・㈱東北新社/企画:日本通運㈱・日通伊豆観光開発㈱

日本通運が開発した東洋一の総合レジャータウン・日通伊豆富士見ランドのPR用の作品。


定 員

各回15名 ※要電話予約(お名前・ご住所・電話番号をお伺いしています) 

受付は終了いたしました

無料(別途入館料必要)


2021年度の開催予定・記録

第1回 2021年4月25日(日) 中止

「荷役はかわる 第2集」「日本通運株式会社東京中央ターミナル」

第2回 2021年5月30日(日) 中止

「欧米の貨物輸送作業」「世界をむすぶ―国際一貫輸送―」

第3回 2021年6月27日(日)

「アイソマックス・リアクター輸送の記録」「エレクション架設工法」

第4回 2021年7月25日(日)

「新しい包装」「アフリカ10,000キロ」「日通伊豆富士見ランド」

第5回 2021年8月29日(日) 中止

「600トンフローティング・クレーン」「オリンピックを運ぶ」

第6回 2021年9月26日(日) 中止

「にっぽん23万KVAの旅」「超重量に挑む 500トントレーラとシキ611」

×