物流博物館

本日開館 本日閉館

10:00~17:00(入館は16:30まで)

またのご来館をお待ちしています

〒108-0074 東京都港区高輪4-7-15

03-3280-1616

マンスリー上映会

  • 一般
  • 要予約
マンスリー上映会
開催日
2020年11月29日(日)
時間
①10:30~11:30 / ②14:00~15:00

内容

新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、従来より定員を減らし、事前予約制で開催致します。

状況に応じ変更・中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

当館では、昭和20年代~50年代の物流に関する映画フィルムを収蔵しており、ほとんどの作品がデジタル化されています。

これらの中から、映像作品を近似のテーマごとに年代別にピックアップし、毎月上映会を開催しています。


第7回 11月29日(日)「黎明期のフレートライナーとその時代」

上映作品 

鉄道とトラックの協同一貫輸送が急速に拡大する契機となった「山陽フレートライナー」の運行から50年を迎えたことにちなんだ企画で、合わせて国鉄が作成したパンフレットの展示も行います。

すべてデジタルリマスター版による上映です。

下記作品を1日2回上映いたします。

①「この変貌の日に」

1970年/22分/カラー/製作:電通・電通映画社/企画:日本通運㈱

高度経済成長期の、新しい変化に富んだ時代に対応した、日本通運の陸海空の輸送の姿を概観した作品。

②「荷役は変る-第四集 システム化への道-」

1971年/21分/カラー/製作:鹿島映画/企画:日本通運㈱

流通革新における荷役・輸送・保管・包装・情報などの部門別の改革から、個々の輸送技術の機能的な組み合わせ=システム化による効率化が求められる中、パレチゼーション、コンテナリゼーション、トレーラー方式などシステム輸送の基本となる作業方式について、さまざまな実例を挙げながら解説した作品。


定 員

各回15名 ※要電話予約(お名前・ご住所・電話番号をお伺いしています) 

①午前は満席です

物流博物館 ℡03-3280-1616

参加費

無料(別途入館料必要)


2020年度の開催記録

第1回 2020年5月24日(日) 臨時休館のため中止

「欧米の貨物輸送作業」「トレーラーとのせかえ車」「荷役はかわる 第三集 ユニット・ロード システム」

第2回 2020年6月28日(日) 臨時休館のため中止

「新しい包装」「国宝の旅立ち」

第3回 2020年7月26日(日)

「海と陸をむすぶ」「晴海埠頭倉庫」

第4回 2020年8月30日(日)

「アフリカ10,000キロ」「BIG・DRIVER」

第5回 2020年9月27日(日)

「昭和30年代CM特集」「日通伊豆富士見ランド」「翼は運ぶ」

第6回 2020年10月25日(日)

「こうして米は運ばれる」「トレーラーとのせかえ車」

×