物流博物館

本日開館 本日閉館

10:00~17:00(入館は16:30まで)

〒108-0074 東京都港区高輪4-7-15

03-3280-1616

黄色い車-運転手心得より-

黄色い車-運転手心得より-

昭和33年(1958)/カラー/20分  
企画:日本通運㈱/製作:運輸新聞映画部

<製作スタッフほか>
製作:吉田長治・斉藤久/脚本・演出:菅家陳彦/撮影:浦島進/照明:高橋壱/録音:安部恒雄/音楽:長沢勝俊/解説:高島陽

<内容>
東京・汐留駅(貨物駅)の鉄道貨物の集配・輸送を行う日本通運のベテラントラック運転手と、後輩の若い運転手が業務に励む姿を追いながら、当時の同社の「運転者心得」を平易に解説した作品。登場する人物は実際の作業員の中から選ばれており、彼らの仕事振りを通して、さまざまな改革が進む当時の作業現場における、あるべきトラック運転手の姿を伝えようとしています。朝の出勤風景、仕業点検、汐留駅での機械化された荷役や三輪トレーラによる作業、当時のトラックの運転風景や街中での集配作業のようすなどが見どころ。

×