マンスリー上映会

 

 当館では、昭和20年代~50年代の物流に関する映画フィルムを収蔵しており、

これらの作品の多くをデジタル化しています。

 昨年度に続き、今年度もデジタル化を完了した映像から作品を選び、

 毎月1回の上映会を開催いたします。

色彩や傷等を修復し、新たに甦った過去の映像をぜひご覧ください。 

 

 

開催日:2018年5月27日(日)    

時間:①10:30~11:40 ②13:00~14:10 ③15:00~16:10    

    *下記作品を1日3回上映致します(予約不要)

    *参加費は無料ですが、別途入館料が必要です

 



<上映作品> 

※いずれもデジタルリマスター版による上映です。

1)「300トントレーラー」 
1960年/カラー/26分/製作:運輸新聞映画部/企画:日本通運㈱
内容:超重量品輸送の歴史上画期的といえる日本通運の300トントレーラー運行の
   記録。大型変圧器が輸送されていく様子が、克明に描かれている。 


2)「晴海埠頭倉庫」
1965年/カラー/34分/制作:輸送経済新聞社/企画:日本通運㈱
内容:1965年3月に東京港・晴海埠頭に完成した東洋一の近代倉庫、日本通運・晴海埠頭倉庫を
   紹介した作品。同倉庫の役割は、首都東京にそれまで間接的だった海上輸送を直結させ
   た点に意義があった。     




<開催予定>

第1回 6月24日(日) 

第2回 7月29日(日) 

第3回 8月26日(日)